とある男のメモ帳

アコースティックギターと日々のぐるぐる

iRig acoustic stage

f:id:qgqg:20170302145447j:image

すごい時代になったもので、これ良いです。

iRig acousticが出た時に良い音だけどタブレットBluetooth経由では、ステージじゃなー。とか言ってたら、出ました。

iRig acoustic stage。(笑)

 

現在品切れ続出中。なぜか島村楽器だけ在庫有り。

ないと言われると欲しくなるよね。

購入。

 

試した結果はかなり良かった。

キャリブレーションがかなり使える。

(知識や経験がなくてもほとんど誰でも使える音が出せます)

 

音質は、スチール弦三種類とナイロン弦三種類。そのどれもが欲しい音。

 

個人的に必須なフィードバックキャンセル(ハウリングキャンセル)あり。

 

自然な音が、ギターに加工なしで出せます、これ重要。(もう少し早く出てくれてたら、マーチンに穴開けずにすんだのに…)大切なギターに穴を開けずにすみます。

 

オーディオインターフェイスとしてUSBからも音を送れます。

 

良いところしかなく悔しい、

のでまぁ言えば、足りないのは音圧と不自然さです。

不自然さは結構大切だったりします。

 

でも、iRig acoustic stageピエゾやらピックアップの音をブレンド出来てしまうのよねー。(購入理由)

 

PUの線が細せー。(Stage名乗るくせに)

音が自然、手軽。(今のところつくりこみ難い)

 最高の長所は、気に入らなきゃ使わなければ良い。
それでもギターは無事というところ。

 

もう少し試してみないとわからないけど、ピックアップにプリアンプ付きでこの値段。

 

エレアコの時代が終わりそう。

IKmultimediaが今、新しい。

Guild S4ce

f:id:qgqg:20170302103355j:image

 エレアコ

FishmanのプリアンプとPU搭載。

 

某ミュージシャンが使用したため一部で人気なギターです。

 

薄型小型ボディに14Fジョイントで弦高はエレキ並みにしてます。

いろいろあってボロボロですが、演奏には問題なし。

 

生の音質は、弦高下げて変わりましたが、箱鳴りさせるとMartinのバックパッカーに似た音質。

評判ほど良い音はしない。

ピックアップ通せばTheエレアコな音がします。

 

あんまりこいつ弾かないけど、なくなると寂しいから置いてます。

 

気に入らなきゃ買わねーよね。

 

いつかなんとかしたいギターです。

 

ARIA A-60CWE 2015

f:id:qgqg:20170217232311j:plain

ガットギター。
プリアンプとPUはシャドウShadow。ピエゾPUとコンデンサーマイクのMIX。
PUは低音がかなり鳴るので、Bassをほぼカットすれば使える音にはなる。

このお値段でこのピックアップはコスパが過ぎるが、ギターも良い音するので大丈夫。

エレガットだが、エレガット用って感じには作られておらず、
普通にクラシックギター。入門っていう音ではない。

ナットの角とフレットの角がすごく鋭角。
でも、生音がかなり良い。
PUはおまけにしては過ぎる。
と考えればすごくおすすめなエレガットギターです。

ARIAは安くでいいギター作ってくれるよね。

とても気に入ってるギターです。

Martin HD-28V 2015

f:id:qgqg:20170217224031j:plain

弦高は低めの6弦12フレット2.2mm。
…特に書くことがないくらい有名なギター。

ドレットノート スプルーストップ、ローズサイド/バック
まではわかりやすいが、
ネックが「選ばれた硬い木」セレクッテッドハードウッド。
何の木なのかわからないが、とりあえずこのギターを手にして一年、
ネックが動いて大変でした。
やはりネックが噂どうり柔らかいのかと思っていたら、トラスロッドがゆるゆる。
締めてやったらグッと安定して弾きやすく、良いギターになりました。

色々言われがちなMartinですがやっぱいいですよ。

ピックアップはL.R.BaggsのLyric。
生音をダメにせず、ちゃんと使える音の出るピックアップです。
しかし、推奨の位置に取り付けると、どうにも低音が出ない。そして音がこもる。
結局、456弦側にずらして、ネックから反対のブリッジに取り付け。
気に入った音が出ました。

Gibson J-30 1994

f:id:qgqg:20170211141447j:plain

メインギターです。
弦高は低めの6弦12フレット2.1mm。
高いギターではないけれど、弾きやすい。

スクエアショルダー 単板スプルーストップ、マホガニー単板サイド/バック マホガニー/ローズネック。

嘘か本当かホンジュラスマホガニーらしいです。
100周年復刻バナーロゴ。

スクエアショルダーはおもしろくて、martinっぽいちゃんとGibsonな音がします。

ピックアップはFishman レアアースブレンド。
ギブソンのイメージな音質で気に入ってる。

アンダーサドルピエゾはタッチのコントロールが難しいけれど、
マグネットはそこまで神経質にならなくても良いので、弾き語りには良い。

ブレンドはコンデンサーマイクを足せるのですが、ボリュームではなく比率だけなので、セッティングも楽で良い。

アンダーサドルのピエゾピックアップは生音が弱くなるのでライブを継続してやってる人じゃないなら、音に影響の少ないL.R.BaggsのLyricや簡単に取外しできるマグネットPUにして普段外していた方が、ギター弾くの楽しいと思う。

話は逸れたけれどメインギターの紹介でした。 

ブログの引っ越し

eoブログとホームページの閉鎖により、お引っ越し。

まぁ全く更新していなかったので問題なかったのだが、

あったものがなくなると埋めたくなるのが、人間。

 

気楽に更新していく、

アコースティックギターと音楽と生活(笑)のページです。